水道修理を回避する方法

水道の蛇口は丈夫そうなイメージを多くの人が持っているかと思いますが、誤った使い方をすると破損することもありますので、普段から丁寧に扱う習慣を身に付けておくといいでしょう。

■水道の蛇口は丁寧に扱う

蛇口はもちろん丈夫に作られていますので、簡単に破損することはあまりないです。しかし、乱暴に使っていると破損することがあります。特に蛇口を限りなく締めると、蛇口内部の部品が破損する原因になります。破損すると隙間が生まれ、水漏れが起きて修理が必要になります。例えば水が、ぽたぽたと流れ出るのを気にして蛇口をしっかりと締めると、蛇口本体が壊れる場合もあるのです。
ぽたぽたと水が流れるようになったら、パッキンの劣化の可能性が考えられます。修理自体は、専用の水道 修理工具を使えば非常に簡単にできます。パッキンを交換すれば再びしっかり水が止まるようになるため、蛇口本体を破損することはありません。

■蛇口に大きな負担をかけない

蛇口の劣化を防ぐために、ゴミなどの汚れを落とすことは大きな意味をもってきますが、あまり大きな力をかけてゴミの掃除をしてしまうと、蛇口の方に大きな負担がかかってしまい蛇口が破損することもありますので注意が必要です。金属製のブラシなどで、蛇口のメンテナンスをする場合には適度な力で行うといいでしょう。




■まとめ
蛇口を快適に使うためには、きれいに使うことが必要ですが、掃除などによってダメージを与えてしないようにすべきです。また、蛇口を締めつけ過ぎることも破損の原因となりますので、適度な力加減で蛇口を使うことがお勧めです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ